夢を叶える赤ちゃんグッズ|デリケートな肌に悪い影響を及ぼす可能性

赤ちゃん

洗濯の前に

紫外線から肌を守るために赤ちゃん用の日焼け止めを探しましょう。オーガニックで肌に優しいものが最適ですよ。

赤ちゃんでも安心の洗濯洗剤をお探しならこちらのサイトで紹介しています。敏感な肌にも安心して使うことができますよ。

赤ちゃんに着せる肌着・洋服は必ず 一度洗濯するか、水通し(水洗い)をすること。

赤ん坊

赤ちゃんの肌着は着せる前に一度水通しをした方が良い、と言われていますが、その理由はなんでしょうか。
その理由のひとつに、一般に防虫効果があるとして知られている「ホルマリン」があげられます。ホルマリンとは、ホルムアルデヒドという医薬品が水に溶けたもので、赤ちゃんのデリケートな肌に悪い影響を及ぼす可能性があります。
赤ちゃんの肌着や洋服を買うと、必ずといっていい程目にするのが、「ホルマリン移染防止のため、袋から取り出さないで下さい」という注意書きです。これは、大人の洋服からホルマリンの成分が移るのを防ぐためです。

なぜ水通しを行うと良いかというと、このホルマリンは水に溶けやすいので、一度洗濯することによってホルマリンを除去できるからです。また、一度水を通すことによって汗を吸収しやすくなるという理由もあります。

ただし、水通しをした後に大人の衣類と一緒に保管したり、長い間タンスなどに入れておいたりすると再度ホルマリンが付着してしまう可能性があるので、使用する直前に水通しすることをおすすめします。
また、この時に赤ちゃん用の洗剤を使用しても問題はありません。

「水通し」っていつごろすればいい?

とくに「いつ」という決まりはありませんが、水通しを済ませる前にトラブルで入院してしまったり、予想外に早く産まれてしまったり……と、お産は何がおこるか分かりません。
特に梅雨や雪の時期などは「晴れたら洗濯しよう」と思っていたらタイミングを逃しまくって、「間に合わない!!」なんていうことも無きにしも非ず。
余裕をもって準備するのに、だいたい32〜34週くらいには「そろそろ水通ししようかな」という気持ちでいられるといいですね。
基本的には、よく晴れた日にすることをおすすめします。

Copyright (c) 2015 夢を叶える赤ちゃんグッズ|デリケートな肌に悪い影響を及ぼす可能性All Rights Reserved.